ドナルド・キーンさん死去=世界に日本文学紹介、震災後移住-96歳

社会 文化

日本文学研究者として作品を広く世界に紹介し、文化勲章を受章したコロンビア大名誉教授のドナルド・キーンさんが24日午前6時21分、心不全のため東京都内の病院で死去した。96歳だった。葬儀は親族のみで行い、後日お別れの会を開く。喪主は養子で浄瑠璃三味線奏者のキーン誠己(せいき)さん。

1922年、米ニューヨーク生まれ。コロンビア大で学び、英訳された「源氏物語」に感動、日本研究を志した。太平洋戦争開戦後、米海軍の学校で日本語を習得し、ホノルルなどで日本軍の文献翻訳などを担当。終戦直後に東京を訪れ、戦争による荒廃ぶりを目の当たりにした。

その後、コロンビア大に復学し、ハーバード、ケンブリッジ大を経て、53年に京都大大学院へ留学。川端康成や谷崎潤一郎、三島由紀夫ら文壇の大家と交流した。帰米後、「方丈記」や「奥の細道」などを翻訳収録した「日本文学選集・古典編」を刊行。

60年コロンビア大教授となり、2年後に海外への日本文学紹介の功績が認められて菊池寛賞を受賞。その後も、日米を往復し、三島や安部公房の作品紹介に力を入れるなど精力的に活動した。

日本人の日記の文学的価値を探究した「百代(はくたい)の過客(かかく)」で85年に読売文学賞などを受賞。86年にはコロンビア大にドナルド・キーン日本文化センターが設立された。2002年に文化功労者、08年には文化勲章を受章した。

11年3月の東日本大震災をきっかけに日本定住を決め、秋から東京在住。翌年に日本国籍を取得した。13年には現代俳句大賞を受けた。著書に「日本文学の歴史」「明治天皇」「石川啄木」など。

誠己さんはキーンさんの死去について、「苦しむこともなく、穏やかに永遠の眠りにつきました。日本文学に生涯をささげ、日本人として日本の土になることが父の長年の夢でしたから、この上なく幸せな一生だったと確信しています」との談話を発表した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 訃報 米国 文化 ドナルド・キーン