ホンダ、台湾で140億円投資=向こう5年で、工場設備の更新など

経済・ビジネス

【台北時事】ホンダは26日、台湾南部・屏東県の乗用車工場について、向こう5年で計40億台湾ドル(約144億円)を投じ、大がかりな設備更新を行う計画を明らかにした。同工場が2002年末に稼働して以来の大規模投資となる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 設備投資 国際業務 台湾