オウム後継の分派「ひかりの輪」逆転敗訴=観察処分の更新認める-東京高裁

社会

団体規制法に基づく観察処分が更新されたのは不当だとして、オウム真理教の後継団体主流派「Aleph(アレフ)」から分派した「ひかりの輪」が国に更新取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が28日、東京高裁であった。後藤博裁判長は、訴えを認めた一審東京地裁判決を取り消し、「更新は適法」と判断した。

後藤裁判長は、ひかりの輪とアレフを「一つの団体とは認められない」とする一方、ひかりの輪の構成員は、多くがオウム真理教が起こした地下鉄サリン事件当時からのメンバーだなどと指摘。「組織形態も実質的には教団の位階制度を基礎とした体制を維持している」と認定した。

その上で、教団の修行体系の最も基礎的、本質的部分を継承・維持しているとし、「教団の教義を広め、実行する目的を持った団体だ」と結論付けた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 宗教