日本政府、米の妥協回避支持=核・拉致前進へ圧力維持-米朝首脳会談

政治・外交

日本政府は米朝首脳会談が合意に至らなかったことについて、トランプ米大統領が安易に妥協しなかった結果として前向きに受け止めている。核・ミサイル・拉致問題で北朝鮮の譲歩を引き出すため、米国と連携して圧力を維持する方針だ。

安倍晋三首相は28日夜、トランプ氏から電話で米朝会談の説明を受けた。首相はこの後、記者団に、トランプ氏が拉致問題を提起したことに触れながら「安易な譲歩を行わず、建設的な議論を続け、北朝鮮の具体的な行動を促していく決断を全面的に支持する」と表明した。

河野太郎外相も「完全、検証可能、不可逆的な(核・ミサイル)廃棄を追求しようとしているトランプ氏の判断をしっかり支持したい」と記者団に強調。日本政府高官は「変な妥協をせず、良かった」と安堵(あんど)の表情を見せた。

トランプ米大統領との電話会談を終え、記者団の取材に応じる安倍晋三首相(中央)=28日夜、首相公邸トランプ米大統領との電話会談を終え、記者団の取材に応じる安倍晋三首相(中央)=28日夜、首相公邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 北朝鮮 米国 ベトナム