航空機向け融資事業買収=独大手銀から、7000億円-三菱UFJ銀

経済・ビジネス

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)傘下の三菱UFJ銀行は1日、ドイツ大手銀行DZバンクの子会社から航空機ファイナンス事業を買収することで合意したと発表した。貸出債権の取得を中心に買収額は約7000億円に上る。関係当局の承認などを経て、年内の買収完了を目指す。MUFGの事業買収として過去最大規模。

低金利の長期化などで国内銀行業務の事業環境に逆風が吹く中、MUFGは新興国需要を背景に成長が見込める航空機向け融資を強化する。今回の買収により同融資残高は1兆4000億円前後に倍増する。

三菱UFJ銀が航空機向けの貸出債権などを取得し、従業員も引き受ける。一部の事業は系列リース会社の東銀リース(東京)に譲渡される。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 ドイツ