文氏「苦痛癒やす協力を」=徴用工・慰安婦念頭に-独立運動100年で演説・韓国

政治・外交

【ソウル時事】韓国の文在寅大統領は1日、1919年に日本の植民地支配に抵抗して起きた「三・一独立運動」の100周年記念式典で演説した。この中で、日本企業に元徴用工らへの賠償を命じた最高裁判決や慰安婦問題を念頭に、「力を合わせ、被害者たちの苦痛を実質的に癒やすとき、韓国と日本は心が通じる真の友人になる」と日本に呼び掛けた。日韓が知恵を絞って解決策を模索していくべきだというメッセージを打ち出した形だ。

文氏は「朝鮮半島の平和のため、日本との協力も強化する」と表明、「過去は変えることはできないが、未来は変えることができる。歴史をかがみとし、韓国と日本が固く手を携えるとき、平和の時代がわれわれの元にやって来る」と述べ、未来志向的な協力関係を構築していく考えを強調した。

1日、ソウルで「三・一独立運動」の100周年記念式典に夫妻で出席する韓国の文在寅大統領(左)(EPA時事)1日、ソウルで「三・一独立運動」の100周年記念式典に夫妻で出席する韓国の文在寅大統領(左)(EPA時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 韓国 北朝鮮