創業家の役員、初めてゼロに=津賀社長は続投-パナソニック

経済・ビジネス 社会

パナソニックは28日、創業家出身の松下正幸副会長(73)が6月27日付で退任する人事を発表した。同社によると、役員から創業家出身者がいなくなるのは初めて。昨年3月に創業100周年を迎えたのを機に退任の意向があったという。津賀一宏社長(62)は続投する。

松下副会長は創業者の故松下幸之助氏の孫。1986年から取締役に名を連ねていた。副会長を退任した後は、非常勤、無報酬の特別顧問に就き、財界活動などに専念する見通し。一方、津賀氏は6月で社長就任8年目に入る。

松下正幸 パナソニック副会長松下正幸 パナソニック副会長

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 人事 パナソニック 松下幸之助