安倍首相と玉城沖縄知事、溝埋まらず=「辺野古反対」県民投票めぐり

政治・外交

沖縄県の玉城デニー知事は1日午後、安倍晋三首相と首相官邸で面会し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設について反対票が多数を占めた県民投票の結果を通知した。移設断念を求め、日米両政府と県の3者による協議の場を設けることを提案。首相は移設推進の方針を重ねて示し、溝は埋まらなかった。

玉城氏は「直接示された民意は何より重く、尊重されなければならない」と述べ、工事中止を要請。これに対し、首相は「県民投票の結果は真摯(しんし)に受け止めながら、一つ一つ負担軽減に向けて結果を出していきたい」と述べつつ、辺野古移設に関しては「普天間の危険な状況を置き去りにするわけにはいかない。もはや先送りできない」と譲らなかった。

米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設の賛否を問う県民投票の結果を安倍晋三首相(右)に手渡す沖縄県の玉城デニー知事=1日午後、首相官邸米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設の賛否を問う県民投票の結果を安倍晋三首相(右)に手渡す沖縄県の玉城デニー知事=1日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 安保・防衛(政治面) 選挙 沖縄