免税売り上げ、3社がプラス=春節商戦は好調-2月の大手百貨店

政治・外交 経済・ビジネス

大手百貨店4社が1日発表した2月の売上高によると、訪日外国人向けの免税売り上げは、高島屋など3社が既存店ベースで前年同月比プラスを確保した。米中摩擦に伴う中国経済減速の影響が懸念されたが、春節(中華圏の旧正月)商戦は好調に推移、訪日客数の増加も追い風となった。大規模な店舗改装があった三越伊勢丹は0.7%減だった。

高島屋の免税売り上げは8.6%増、J・フロントリテイリングは17%増、そごう・西武は約1割増となった。Jフロントによると「為替相場の影響で(訪日客の)購買力に余裕ができた」(広報担当者)という。高級婦人服や化粧品の販売が伸びた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 観光 観光政策 統計 中国