NYで「源氏物語」展=日本から国宝、重文も-米メトロポリタン美術館

社会 文化

【ニューヨーク時事】米ニューヨークのメトロポリタン美術館で5日から6月16日まで紫式部の「源氏物語」をテーマにした展覧会が開かれる。日米両国で保有されている絵画や書跡など120点以上を8テーマに分けて展示。日本国外への貸し出しが初めてとなる国宝や重要文化財も含まれる。

展覧会では源氏物語と、仏教との関連性などを紹介。紫式部が参籠時に源氏物語の着想を得たという伝承のある石山寺(大津市)の宝物11点や、源氏物語を題材にした漫画「あさきゆめみし」の作者、大和和紀さんの作品も展示される。同美術館は、日本国外で開催された源氏物語の美術展としては、最も包括的な内容としている。

米メトロポリタン美術館で展示される俵屋宗達筆の国宝「源氏物語関屋澪標図屏風」=4日、ニューヨーク米メトロポリタン美術館で展示される俵屋宗達筆の国宝「源氏物語関屋澪標図屏風」=4日、ニューヨーク

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 文化 米国