IHI、旅客機エンジンで不正=従業員が無資格検査-LCCから受託、数百台か

経済・ビジネス 社会 政治・外交

石井啓一国土交通相は5日の閣議後会見で、IHIの航空機用エンジン部品で、不正な検査が行われていたと明らかにした。国交省は今年1月、航空法に基づき、同社の瑞穂工場(東京都瑞穂町)を立ち入り検査していた。

IHIによると、瑞穂工場では旅客機用エンジンの整備事業を行っており、格安航空会社(LCC)を中心に年間約150台のエンジン整備を受託していた。一部の工程で無資格の従業員が検査を行っていたといい、不正の規模は数百台に上る可能性がある。

ただ、同社は直ちに安全上問題があるとは判断しておらず、当面リコール(回収・無償修理)の予定もないという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 運輸・交通 運輸政策