福島県、小学校から放射線教育=原発事故知らぬ世代に-東日本大震災8年

社会 暮らし

東日本大震災から間もなく8年。震災当時を知らない子どもが増える中、福島県では小学校から放射線教育を行い、東京電力福島第1原発事故やその影響を教えている。科学的根拠のない風評や偏見が根強く残る中、正しい知識を身に付けてもらう狙いがある。

「放射線は目に見えません。身の回りの線量がどれくらいか実際に測ってみましょう」。2月5日、富岡町の富岡第一・第二小学校で、岩崎秀一校長(59)が6年生に呼び掛けた。「放射線と共存する私たち」と題した特別授業。児童は測定器を手に、教室や校庭、体育館などの線量を測って回った。

原発事故による避難指示が2017年4月に一部を除き解除された富岡町。同校は18年4月に町内で再開したが、児童数は震災前の約2%の17人と大幅に減少した。県教委は年2時間以上の放射線学習をするよう各校に求めているが、同校では給食時間にも県産食品の検査体制について説明するなど、自主的な学びも進めている。

岩崎校長は「福島出身というだけで、心ない言葉を掛ける人もいる。その時に科学的根拠に基づいて、安全性を話せる人になってほしい」と語る。授業を終えた児童からは「線量が全国と変わらないことが分かった」「周りの人にも正しい知識を伝えたい」などの声が上がった。

第1原発から約100キロ離れた会津若松市の行仁小学校では、道徳と関連付けた授業が行われている。「放射能がうつる」「福島の食べ物は危険」など実際にあった悪口を示し、自分が言われたらどうするか考えてもらう。1年の担任、二瓶純子教諭(43)は「市内は放射線の影響がほとんどないが、福島県民であるからには基礎知識は身に付ける必要がある」と指摘する。低学年は紙芝居を使うなど分かりやすさを心掛けている。

ただ、全国的には小さい頃から放射線について学ぶ機会は少ない。無理解から、避難した子どもがいじめられるケースが問題となる中、文部科学省は20年度以降に実施される小中学校の新学習指導要領で、放射線に関する記載を大幅に拡充した。

放射線に関する特別授業を行う富岡第一・第二小学校の岩崎秀一校長(右奥)=2月5日、福島県富岡町放射線に関する特別授業を行う富岡第一・第二小学校の岩崎秀一校長(右奥)=2月5日、福島県富岡町

校舎内の放射線量を測定する児童=2月5日、福島県富岡町の富岡第一・第二小学校校舎内の放射線量を測定する児童=2月5日、福島県富岡町の富岡第一・第二小学校

校庭の放射線量を測定する児童=2月5日、福島県富岡町の富岡第一・第二小学校校庭の放射線量を測定する児童=2月5日、福島県富岡町の富岡第一・第二小学校

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安全・危機管理 教育 暮らし 東北