デストロイヤーさん死去、88歳=覆面レスラー、4の字固め

社会 スポーツ

白い覆面と得意技の足4の字固めで昭和のプロレス人気を盛り上げたザ・デストロイヤーさん(本名リチャード・ベイヤー)が7日、米ニューヨーク州の自宅で亡くなった。88歳だった。デストロイヤーさんが中心になって設立した東京都内のレスリングクラブに入った連絡によると、体調を崩しており、家族に見守られて息を引き取った。

米ニューヨーク州生まれ。大学ではアマチュアレスリングで活躍し、1954年、本名でプロレスデビュー。62年、白覆面をかぶって「ジ・インテリジェント・センセーショナル・デストロイヤー」と名乗り、WWA世界ヘビー級王者になった。

63年初来日。自らが技として確立した足4の字固めを武器に、力道山と激闘を演じて注目された。その後、ジャイアント馬場、アントニオ猪木らと熱戦を展開し「白覆面の魔王」と呼ばれた。72年、馬場が設立した全日本プロレスと契約して日本陣営の選手となり、馬場とタッグも組んだ。

テレビのバラエティー番組などでも、誠実な人柄とサービス精神で人気を集めた。93年の現役引退後も頻繁に来日し、スポーツ振興に努めた。

元プロレスラーのザ・デストロイヤーさん=2010年8月元プロレスラーのザ・デストロイヤーさん=2010年8月

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 訃報 レスリング スポーツ 米国