和牛受精卵持ち出し、2人逮捕=中国へ違法輸出画策か-大阪府警

社会

輸出が認められていない和牛の受精卵と精液が中国に持ち出された事件で、大阪府警生活環境課は9日、家畜伝染病予防法違反などの疑いで、飲食店経営の前田裕介容疑者(51)=同府藤井寺市=と、知人で運搬役を務めた小倉利紀容疑者(64)=大阪市住吉区=を逮捕した。2人は容疑を認めているという。

受精卵などは徳島県内の畜産農家が売却し、入手した中国人の男が知人の前田容疑者に中国まで運ぶよう依頼したとみられる。府警は世界で高まる和牛人気を背景に、中国に遺伝子情報を転売しようとしたとみて、全容解明を進める。

逮捕容疑は、共謀して昨年6月下旬、ストロー数百本分の凍結した和牛の受精卵や精液を金属製容器に入れ、検疫など必要な手続きを受けずに大阪市内に停泊するフェリーに持ち込み、中国・上海に持ち出した疑い。

中国の税関が発見して、持ち込みを拒否。帰国後に申告して発覚した。受精卵などを提供した畜産農家の男性は「訪ねてきた面識のない日本人に数百万円で売却した」と説明。そこから中国人の男に渡り、同6月ごろ、前田容疑者に運搬話が持ち込まれたという。府警は受精卵を入手した人物や、依頼者の中国人などの背後関係を調べる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 中国