小西元副知事が出馬表明=自民、維新に対抗馬-大阪知事選

政治・外交

「大阪都構想」を争点にした松井一郎大阪府知事(地域政党「大阪維新の会」代表)と吉村洋文大阪市長の入れ替えダブル選で、自民党が知事選への出馬を要請した元府副知事の小西禎一氏(64)は11日、大阪市内で記者会見し、立候補を表明した。自民推薦の無所属で出馬し、公明党にも推薦を求める。

小西氏は会見で、「ダブル選の経緯は納得できない。公職をあまりにも軽んじている」と松井氏らの対応を批判。「大阪都構想の議論を終わらせたい。今後の大阪の成長の議論をするべきだ」と語り、都構想に反対の姿勢を明確にした。

自民は市長選候補の擁立も急ぐ。ダブル選では公明以外に、立憲民主、国民民主各党とも連携し、「反維新」陣営で共闘を目指す。共産党も協力する可能性がある。

小西氏は橋下徹知事時代に、財政再建を進める改革プロジェクトチームのリーダーを務めた。総務部長を経て松井氏の下で2012年、副知事に就任。しかし、松井氏と政策や政治手法で対立し、任期を残して15年に退職した。

大阪府知事選への出馬を表明した元府副知事の小西禎一氏=11日午後、大阪市北区大阪府知事選への出馬を表明した元府副知事の小西禎一氏=11日午後、大阪市北区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 選挙 政党 大阪市