独禁法改正案、閣議決定=課徴金減免制度を拡充

政治・外交 社会

政府は12日、課徴金減免制度を拡充する独占禁止法改正案を閣議決定した。公正取引委員会の調査への協力度合いに応じて、違反を自主申告した企業に課徴金減額率を上乗せするのが柱で、今国会での成立を目指す。

課徴金減免制度は、談合やカルテルの違反を申告した順位に応じて課徴金を減免するが、5社までしか認められていなかった。改正案は対象企業数の上限をなくし、証拠提出などの協力に応じて最大約40%の減額を上乗せする。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 社会一般