大戸屋、8割店舗が休業=従業員に再発防止を徹底-動画問題

経済・ビジネス

和食レストラン「大戸屋ごはん処」を展開する大戸屋ホールディングスは12日、従業員の再教育のため国内店舗の約8割の287店を休業した。アルバイトによる不適切動画問題を受け、1日店を閉め、各店内で再発防止を徹底させる。

従業員にスマートフォンなど携帯端末の持ち込み禁止といったルールを確認、署名・宣誓させる。商業施設内にあるなどの理由で同日に休業できない残る約2割の店舗でも改めて同様の再教育を行うという。

不適切動画問題を受け「大戸屋ごはん処」店舗に張り出された社員教育のための休業を伝える張り紙=12日午前、東京都新宿区不適切動画問題を受け「大戸屋ごはん処」店舗に張り出された社員教育のための休業を伝える張り紙=12日午前、東京都新宿区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 消費者対策