平和条約先決を強調=北方領土交渉でロシア報道官

政治・外交

【モスクワ時事】ロシアのペスコフ大統領報道官は12日、北方領土問題を含む日ロの平和条約締結交渉について「島を返すとか返さないということではなく、平和条約締結について日本側と非常に綿密な作業が行われている」と語り、条約締結を先行させる立場を改めて示した。インタファクス通信が報じた。

ロシア紙RBKが12日、関係筋の話としてロシアは北方領土の日本への引き渡しを検討していないと報じたことを受け、記者団に答えた。さらに、平和条約締結は日本への領土引き渡しを意味するのかを問われたペスコフ氏は「今のところ決まった手順は一切ない」と説明。「この種の交渉は数年かかる可能性がある」と述べ、「原則として交渉継続のために中間段階では詳細な情報は提供されない。今回もそうだろう」と語った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 ロシア