政府、著作権法改正見送り=DL違法化で懸念残る

政治・外交

政府は13日、著作権法改正案の今国会提出を見送る方針を決めた。海賊版のダウンロード(DL)を違法とする対象を著作物全般とした部分に関し、著作権者を含む関係者の理解が十分に得られていないと判断した。

同日開催された自民党文部科学部会などの合同役員会で了承されず、提出を断念した。

改正案では、海賊版と知りながらダウンロードした場合に違法となる対象について、現行の音楽や映像に加え漫画など著作物全般に拡大。刑事罰を科す対象は、正規版が有償で提供されている著作物を「継続的または反復して行った」悪質なDLに限定し、違法性の認識がなかったり、適法だと誤認してDLしたりした際は違法とならないことを明確にしていた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 法案 政党