北朝鮮非難決議案、提出せず=菅氏「拉致含め総合的に検討」-政府

政治・外交

政府は、スイス・ジュネーブで開かれている国連人権理事会に対し、昨年まで11年間続けてきた対北朝鮮非難決議案の提出を見送ることを決めた。菅義偉官房長官が13日午前の記者会見で明らかにした。菅氏は「(トランプ米大統領が金正恩朝鮮労働党委員長に拉致問題を提起した)米朝首脳会談の結果や拉致問題を取り巻く諸情勢を総合的に検討した結果」と説明した。

政府は2008年以来、北朝鮮の人権状況を非難する決議案を欧州連合(EU)と共同提出してきた。北朝鮮に対して「対話と圧力」を掲げているが、同決議案の提出見送りは、日本人拉致問題解決に向けて、一定の融和姿勢を示し、北朝鮮側の軟化を引き出す狙いがあると見られる。

記者会見する菅義偉官房長官=13日午前、首相官邸記者会見する菅義偉官房長官=13日午前、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 北朝鮮