谷垣氏、参院選出馬を固辞=二階氏が要請-自民

政治・外交

自民党の二階俊博幹事長は13日、自転車事故による大けがで政界を引退した谷垣禎一前幹事長と東京都内のホテルで昼食を共にしながら会談した。二階氏が夏の参院選への立候補を要請したが、谷垣氏は「リハビリを中心に人に迷惑を掛けないように生きていく」として固辞した。

この後、谷垣氏は記者団に「退院して1年数カ月たち、自分ができることが分かってきた」と説明した。一方、二階氏は「『元気で帰って来られる日をお待ち申し上げたい』という党幹部全員の気持ちを伝えた。われわれの気持ちは十分伝わったと思う」と記者団に語り、谷垣氏の政界復帰への望みは捨てない考えを示した。

二階俊博幹事長との会談後、報道陣の取材に答える自民党の谷垣禎一前幹事長(中央)=13日午後、東京都千代田区二階俊博幹事長との会談後、報道陣の取材に答える自民党の谷垣禎一前幹事長(中央)=13日午後、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 選挙 政党