仮想通貨流出で18歳少年を書類送検=1500万円分「モナコイン」-警視庁

社会

仮想通貨を保管していたインターネットサイトから約1500万円分の「モナコイン」を不正に引き出したとして、警視庁サイバー犯罪対策課は14日、電子計算機使用詐欺と組織犯罪処罰法違反(犯罪収益の隠匿)容疑で、宇都宮市の少年(18)を書類送検した。容疑を認めているという。

仮想通貨をめぐっては昨年、580億円相当の「NEM(ネム)」が不正アクセスを受け流出するなどした事件が起きている。同課によると、仮想通貨を不正に引き出した人物を特定し、検挙したのは全国初という。

送検容疑は昨年8~9月、仮想通貨の保管などのサービスを行うサイト「Monappy(モナッピー)」のシステムを誤作動させ、当時のレートで約1500万円分のモナコインを詐取し、匿名性の高い海外の口座に隠した疑い。

モナッピーの運営会社が同年9月1日、モナコインの残高が減っていることに気付き、調査を開始。外部のネットワークと接続した状態で保管されていた約7700人分のモナコインの流出が判明していた。

モナッピーのサイト上では「ギフトコード」と呼ばれる英数字を入力するとモナコインが付与される。同課によると、本来はギフトコード1個につき1回しか送金されないが、少年は1個0.1モナ(モナコインの単位)分のギフトコード56個を使い、約8200回にわたり送金を申請。約640回の誤送金が起き、計約9万7000モナが引き出された。少年は高頻度で申請を繰り返すとシステムが誤作動することを認識していたという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪