輸出・生産判断を下方修正=金融政策は維持-日銀

政治・外交

日銀は15日、金融政策決定会合を開いた。中国など海外経済が減速している影響を踏まえ、景気を支える輸出と生産に関する判断を下方修正した。金融政策については、現行の大規模緩和策の継続を賛成多数で決めた。

日銀は決定会合終了後の公表文で、景気の現状について、引き続き「緩やかに拡大している」と評価したが、「輸出・生産面に海外経済の減速の影響がみられる」との表現を加えた。

輸出はこれまで「増加基調にある」としてきたが、「足元では弱めの動きとなっている」に下方修正。生産についても従来の「増加基調にある」から「足元では弱めの動きとなっているが、緩やかな増加基調にある」に改めた。

米中貿易摩擦が長期化する中、中国経済の減速を受けて対中輸出が落ち込み、鉱工業生産も足踏み状態にあることを踏まえた。「総じてみれば着実な成長が続いている」としてきた海外経済についても、「減速の動きがみられるが、総じてみれば緩やかに成長している」に判断を弱めた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 金融政策