伊方原発差し止め認めず=住民の申し立て却下-山口地裁支部

社会

四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)は安全性に問題があるとして、山口県の住民3人が運転差し止めを求めた仮処分申請で、山口地裁岩国支部(小野瀬昭裁判長)は15日、住民側の申し立てを却下した。

主な争点は、四国電が策定した耐震設計の基になる揺れ「基準地震動」や、原発から約130キロ離れた阿蘇カルデラ(熊本県)の破局的噴火の可能性などをどう評価するかだった。

小野瀬裁判長は「至近距離にある断層が実質的に考慮されている」と述べ、基準地震動に不合理な点はないと判断。巨大噴火については「差し迫った状態ではなく、原発の運用期間中に発生する可能性は十分に小さい」と結論付けた。

四国電力伊方原発3号機の運転差し止めを求めた仮処分申請が退けられ、「不当決定」の垂れ幕を掲げる支援者ら=15日午前、山口県岩国市四国電力伊方原発3号機の運転差し止めを求めた仮処分申請が退けられ、「不当決定」の垂れ幕を掲げる支援者ら=15日午前、山口県岩国市

四国電力伊方原発3号機の運転差し止めが認められず、山口地裁岩国支部前で落胆する支援者ら=15日午前、山口県岩国市四国電力伊方原発3号機の運転差し止めが認められず、山口地裁岩国支部前で落胆する支援者ら=15日午前、山口県岩国市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 中国 山口県 四国 九州