プレミアム付き商品券、9月30日生まれまで対象拡大=政府

政治・外交

茂木敏充経済財政担当相は18日午前の参院予算委員会で、今年10月の消費税率引き上げによる景気の腰折れを防ぐ手だての一つとして、2歳以下の子がいる世帯を対象に発行する「プレミアム付き商品券」について、「9月30日までに出生した0歳の子どもを持つ世帯の全てを対象にする方向で準備作業を進めている」と明らかにした。これまで事務負担を考慮して6月2日以降の生まれは除く方針だったが、対象を広げる。公明党の新妻秀規氏への答弁。

プレミアム付き商品券は、最大2万5000円の買い物ができる券を2万円で購入できる。自治体が発行し、行政区域内にある店での利用が可能だ。

一方、毎月勤労統計の不正調査問題で、野党が公表を求める2018年の実質賃金の参考値の扱いについて、根本匠厚生労働相は「今月中をめどに中間的な取りまとめを行うよう今、努力している」と述べ、月内に公表の是非を含め何らかの結論を出す考えを示した。自民党の長峯誠氏への答弁。

参院予算委員会で答弁する根本匠厚生労働相=18日午前、国会内参院予算委員会で答弁する根本匠厚生労働相=18日午前、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国会 マクロ経済政策