竹田JOC会長が6月退任=IOC委員も

スポーツ 社会

2020年東京五輪招致に絡む贈賄疑惑でフランス司法当局の捜査対象になっている日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)が19日、任期満了となる6月末で退任する意向を表明した。

東京都内で開かれた理事会で「未来を担う若いリーダーに託して、東京五輪、パラリンピックの新しい時代を切り開いてもらうことがふさわしいという考えに至った」と定年が主な理由と説明。その後の記者会見で、国際オリンピック委員会(IOC)の委員も辞任することを明かしたが、贈賄疑惑が退任の理由ではないことを強調した。

記者の質問に厳しい表情を見せる竹田恒和JOC会長=19日午後、東京都渋谷区記者の質問に厳しい表情を見せる竹田恒和JOC会長=19日午後、東京都渋谷区

JOC理事会に臨む竹田恒和会長(右から2人目)と山下泰裕選手強化本部長ら=19日午後、東京都渋谷区JOC理事会に臨む竹田恒和会長(右から2人目)と山下泰裕選手強化本部長ら=19日午後、東京都渋谷区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 人事