ロケット打ち上げ23年事業化=北海道ベンチャー、JAXA支援

経済・ビジネス 科学 技術

宇宙ベンチャー企業の「インターステラテクノロジズ」(IST、北海道大樹町、稲川貴大社長)は19日、超小型人工衛星を打ち上げるロケット事業を2023年に始めると発表した。これまでほぼ単独でロケット開発を行ってきたが、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の技術支援を受け、開発を加速させる。

同社は実業家の堀江貴文氏が取締役を務めている。

ロケットは全長22メートル、重さ35トンで、高度500キロメートルの宇宙空間へ、重さ100キログラム以内の人工衛星を打ち上げる。1回当たりの打ち上げ費用を6億円以下に抑えることが目標だ。JAXAからはエンジン開発で支援を受ける。

実業家の堀江貴文氏が取締役を務めるベンチャー企業の宇宙事業について語り合う、同氏と元サッカー日本代表監督の岡田武史氏(右)=19日、東京都中央区実業家の堀江貴文氏が取締役を務めるベンチャー企業の宇宙事業について語り合う、同氏と元サッカー日本代表監督の岡田武史氏(右)=19日、東京都中央区

宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」(北海道大樹町)が打ち上げるロケットの模型(実物の8分の1サイズ)。並んで立っているのは、稲川貴大社長=19日、東京都中央区宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」(北海道大樹町)が打ち上げるロケットの模型(実物の8分の1サイズ)。並んで立っているのは、稲川貴大社長=19日、東京都中央区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 開発 科学 技術 ベンチャー 北海道