沖縄本島沖合のジュゴン死骸、情報収集=菅官房長官

政治・外交

菅義偉官房長官は20日の記者会見で、沖縄本島の沖合で絶滅危惧種のジュゴンの死骸が見つかったことについて「防衛省で詳細な情報収集をしている」と述べ、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設工事による影響の有無などを調べていると説明した。その上で、移設工事に関し「引き続き自然環境や住環境に留意しながら進めていきたい」と語った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 沖縄