桜モチーフのトーチ発表=東京五輪の聖火リレー-大会組織委

スポーツ

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は20日、来年3月26日から日本全国で行われる五輪聖火リレーのトーチを発表した。日本人になじみが深い桜の花をモチーフとした華やかなデザインに仕上がった。

桜色と金色を合わせた明るい印象のトーチは主にアルミニウムでつくられ、長さ71センチ、重さ1.2キロ。「復興五輪」の大会理念を踏まえ、アルミニウムの約30%は東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県の仮設住宅の廃材を活用した。

上から見ると桜の花の形をしており、五つの花びらから炎が出る。走行中に火力や炎の大きさを一定に保つため、トーチには常に一定のガス量を供給する仕組みを内蔵。燃焼部の中心に白金製のメッシュ状ドームを備え、風雨に耐えられる工夫が施された。

聖火リレー公式アンバサダーを務める柔道の五輪金メダリスト、野村忠宏さんは東京都内で開かれた発表会に出席し、「五輪のシンボルである聖火がともされ、走る姿を考えるとワクワクする」と話した。

組織委員会が発表した東京五輪の聖火リレーで使われるトーチ。上から見ると桜の花の形をしている=20日午後、東京都港区組織委員会が発表した東京五輪の聖火リレーで使われるトーチ。上から見ると桜の花の形をしている=20日午後、東京都港区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 東北 岩手県 宮城県 東京都