東京家裁で女性刺され死亡=離婚調停中、米国人の夫逮捕-警視庁

社会

20日午後3時20分ごろ、東京都千代田区霞が関の東京家裁玄関前で、女性が刺されたと110番があった。警視庁や家裁によると、1階ロビーで女性(31)が首の右側を刺され、病院に搬送されたが、約1時間後に死亡が確認された。同庁は米国籍の男(32)=板橋区=を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

同庁によると、死亡したのは埼玉県所沢市の職業不詳ウィルソン香子さん。2人は夫婦で、香子さんは同日午後3時半から始まる離婚調停のため家裁に来ていた。男はこの日、家裁を訪れる予定はなかった。目撃者の話では、男が香子さんを待ち伏せし、いきなり刺したという。男は持ち物検査の前だったとみられる。

男は刺した後、通りを隔てた日比谷公園方向に逃走。現場から約300メートル離れた交番付近で、追い掛けてきた裁判所の警備員らに取り押さえられ、警察官に逮捕された。確保される前に、自分の両手首を所持していた折りたたみ式ナイフで切ったが、意識はあるという。同庁は治療のため、男をいったん釈放。回復を待って殺人容疑で詳しく事情を聴く。

確保された際、男は刃体約9センチの折りたたみ式ナイフ3本を持っていたという。このうち1本で香子さんを刺し、自分の手首も切ったとみられる。男のリュックサックの中からは、ガソリンのような液体が入ったペットボトル数本が見つかった。

東京家庭裁判所前を調べる捜査員ら=20日午後、東京・霞が関東京家庭裁判所前を調べる捜査員ら=20日午後、東京・霞が関

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 東京都