東京、横浜、福岡で桜開花=中国、九州地方で春一番-気象庁

社会

東京管区気象台は21日、東京都千代田区の靖国神社にある桜(ソメイヨシノ)の標本木が開花したと発表した。横浜地方気象台と福岡管区気象台も同日、標本木の開花を発表した。

靖国神社では気象台職員が午前10時すぎ、「5輪以上の開花を観測しました。平年より5日早く、昨年より4日遅い開花になりました」と報道陣に話した。大勢の参拝者がスマートフォンで撮影するなどしていた。

横浜の開花は平年より5日、福岡は2日早く、昨年に比べどちらも2日遅かった。

また、気象庁は中国地方と九州南部・奄美地方で春一番が吹いたと発表した。それぞれ昨年より35日、16日遅かった。

21日は各地で気温も上昇し、徳島県美馬市では最高気温27.3度を観測するなど、夏日となった所もあった。

桜の開花が発表された靖国神社の標本木=21日午前、東京都千代田区桜の開花が発表された靖国神社の標本木=21日午前、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 気象 東京都