日本の幸福度58位に低下=首位は2年連続フィンランド-国連報告書

社会

【ニューヨーク時事】国連が「国際幸福デー」に指定している20日、国別の幸福度ランキングをまとめた2019年版の報告書が公表された。最も幸せな国は2年連続でフィンランド、逆に最も不幸せな国は内戦下の南スーダンだった。日本は156カ国・地域中58位で、昨年の54位から順位を下げた。

報告書は各国の1人当たりの国内総生産(GDP)や社会支援、健康寿命、寛容さなどを基準に16~18年の「幸福度」を数値化し、順位付けした。上位4位までをフィンランド、デンマークなどの北欧諸国が独占。上位の国は幸福度を測る大半の基準で評価が高い傾向があった。下位3カ国は、下から順に南スーダン、中央アフリカ、アフガニスタン。このほか米国は19位、中国は93位だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般 アフガニスタン 中国