イチロー引退、日米通算4367安打=現役28年に終止符-米大リーグ・マリナーズ

スポーツ

日米通算4367安打を放ったマリナーズのイチロー外野手(45)=本名鈴木一朗=が21日、東京ドームで行われたアスレチックス戦終了後に記者会見を開き、「きょうのゲームを最後に現役生活に終止符を打つ」と語り、引退することを表明した。

イチローは20日の開幕戦に9番右翼で先発出場し、昨年5月以来の復帰を果たしたが、1打数無安打1四球で途中交代。この日の第2戦でも4打数無安打に終わった。八回には一度、右翼の守備位置に就いてから交代を告げられ、ファンにあいさつしながらベンチに戻り、チームメートの一人一人が抱き合って労をねぎらった。

イチローは昨年5月に球団特別補佐に就任したが、チームに同行して練習を続け、今季の復帰を目指した。今年1月にマイナー契約を結んでキャンプに参加したが、オープン戦から打撃不振が続いていた。

イチローは2000年オフにポスティングシステムでオリックスからマリナーズ入り。1年目にア・リーグMVP、新人王、首位打者、盗塁王に輝き、04年には大リーグ記録を更新する年間262安打を放った。12年途中にヤンキースへ移籍し、15~18年はマーリンズに所属。18年に6季ぶりで古巣に復帰した。

大リーグでは通算2653試合で打率3割1分1厘、歴代22位の3089安打を放ち、117本塁打、780打点、509盗塁を記録。16年8月に史上30人目、日本選手として初の大リーグ通算3000安打を達成し、将来の米野球殿堂入りが確実視されている。

日本ではオリックスで9年間プレーし、1278安打、打率3割5分3厘、118本塁打、529打点、199盗塁。

アスレチックス戦の8回、交代で退き、歓声に応えるマリナーズのイチロー=21日、東京ドームアスレチックス戦の8回、交代で退き、歓声に応えるマリナーズのイチロー=21日、東京ドーム

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ 大リーグ 米国