佳子さま、ICUを卒業=「充実した学生生活に感謝」

社会

秋篠宮ご夫妻の次女佳子さま(24)は22日午前、国際基督教大(ICU、東京都三鷹市)の卒業式に出席された。宮内庁によると、卒業後は進学や就職をせず、皇族としての公的活動の幅を広げていくという。

式に先立つ午前7時半すぎ、黒い帽子とガウン姿でキャンパスに現れた佳子さまは、報道陣の問い掛けに「充実した学生生活を送ることができ、感謝しています」と笑顔で話した。

ICUによると、卒業式では「秋篠宮佳子」と名前を呼ばれ、「はい」と返事。壇上に上がり、卒業証書と学士(教養)の学位記を受け取った。

佳子さまは2014年8月に当初通っていた学習院大を中退し、15年4月に姉眞子さまと同じICUに入学。3年生から心理学を専攻し、卒業論文では記憶や思考が読解力に及ぼす影響について研究した。

在学中には、17年9月から18年6月まで英リーズ大に留学。心理学のほか、舞台芸術などの分野を幅広く学んだ。成人後は宮中行事や単独での地方公務に臨むなど活動の幅が拡大。今年6月には、これまで母紀子さまが出席していた児童文学に贈られる賞の式典に単独で臨む予定という。

国際基督教大の卒業式に臨まれる秋篠宮家の次女佳子さま=22日午前、東京都三鷹市(代表撮影)国際基督教大の卒業式に臨まれる秋篠宮家の次女佳子さま=22日午前、東京都三鷹市(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室 東京都