運動のお供に水産練り製品を=筋肉づくり効果などPR-加工会社

経済・ビジネス

ちくわやかまぼこなど、練り製品の消費を喚起しようと、水産加工会社がスポーツと結び付けた関連商品のPRに力を入れている。魚肉入りの練り製品が筋肉づくりに役立つとされているためで、おいしく味わうだけでなく、健康な体づくりへの補給食として話題となっている。

新潟市の一正蒲鉾はスポーツの前後に、ちくわを手軽に食べてもらおうと「スポちく」と名付けた商品を3月に発売。筋肉の修復などに効果があるといわれる必須アミノ酸を多く含んだタイプと、疲労回復への効果があるとされるビタミンB1入りのちくわ2種を投入した。

同社は「スポーツが好きな人に手軽な間食で練り製品の潜在パワーを引き出してほしい」とアピールする。低脂肪だが食べ応えがあり、片手で食べられるのも特長。パッケージはちくわとは思えない、菓子のようなデザインとなっている。

スギヨ(石川県七尾市)は、カニ風味のかまぼこを「カニカマ習慣」とネーミングし、運動習慣がある人へ商品PRを展開。高タンパクや低脂肪、低カロリーのほか、消化が良い点など練り製品の持つ強みを強調しながら「魚肉と卵白の良質なたんぱく質で筋肉づくりに最適」とうたっている。

魚の練り製品はコンビニのおでんなどで人気だが、全国的な消費量は振るわず、加工会社などは苦境に立たされている。農林水産省などのまとめによると、かつて1975年に水産練り製品の生産量は100万トンを超えていたが、近年はその半分以下に低迷している。

そこで加工会社では素材を厳選したり、サラダをはじめさまざまな料理への活用を提案したりして、あの手この手で売り込みを図っている。東京・豊洲市場(江東区)の卸会社は「オリンピックを控え、味だけでなく運動と練り製品との関係を強調して売り込んでいきたい」と話している。

筋肉づくりなどの効果をPRして発売されたちくわ、かまぼこ商品=12日、東京都江東区の豊洲市場内筋肉づくりなどの効果をPRして発売されたちくわ、かまぼこ商品=12日、東京都江東区の豊洲市場内

筋肉づくりなどに良い効果があると、若者の間でも話題になり始めている水産練り製品=7日、東京都渋谷区筋肉づくりなどに良い効果があると、若者の間でも話題になり始めている水産練り製品=7日、東京都渋谷区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 東京都 新潟県 甲信越 新潟市