安倍首相、女性教育拡充をG20に提起=途上国支援も表明

政治・外交

安倍晋三首相は23日午前、東京都内で開催した国際女性会議「WAW!」であいさつし、自らが議長を務める6月の20カ国・地域(G20)首脳会議で女性教育の拡充を議題として提起する考えを示した。首相は「全ての女の子が少なくとも12年間の質の高い教育にアクセスできる世界を目指す決意を首脳たちと確認したい」と語った。

首相は「教育の充実は単なる社会政策ではない。持続可能な経済成長への最大の鍵だ」と指摘。日本政府として、2020年までに少なくとも400万人の途上国の女性に対し、質の高い教育や人材育成の機会を提供する方針を表明した。

国際女性会議「WAW!」で開会のあいさつをする安倍晋三首相=23日午前、東京都千代田区国際女性会議「WAW!」で開会のあいさつをする安倍晋三首相=23日午前、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣