デサント次期社長に伊藤忠の小関氏=石本氏は退任

経済・ビジネス 社会

デサントは25日、創業家出身の石本雅敏社長(56)が退任し、後任に伊藤忠商事の小関秀一専務執行役員(63)が就任すると発表した。6月に開催する株主総会後の取締役会で正式決定する。現行10人のデサントの取締役は、韓国事業を統括する金勲道常務を除いて全員退任することも決まった。

デサントをめぐっては、筆頭株主の伊藤忠が敵対的TOB(株式公開買い付け)を今月中旬に成立させ、約30%だった株式保有比率が40%に上昇。これにより、伊藤忠は重要案件に対する拒否権を確保し、以前から求めていた経営陣の刷新を実現した。

デサントの次期社長に就任する伊藤忠商事専務執行役員の小関秀一氏デサントの次期社長に就任する伊藤忠商事専務執行役員の小関秀一氏

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 人事