奄美、宮古に駐屯地新設=南西諸島防衛を強化-陸自改編

社会

陸上自衛隊は26日、鹿児島県・奄美大島と沖縄県・宮古島に駐屯地を新設した。南西諸島防衛の強化が目的で、有事の初動対応を担い、作戦の拠点や中継地点にもなる。陸自は中国の軍事脅威に対応するための組織改編を続けている。

奄美大島に配置されるのは、地対空・地対艦の両ミサイル部隊と警備隊で計約560人。宮古島も同様の部隊編成だが、今年度は警備隊のみ約380人を置き、両ミサイル部隊は来年度以降に配置。最終的に700~800人規模とする。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 軍・自衛隊(社会面) 中国 九州 鹿児島県 沖縄