LIXIL、5月に臨時株主総会=海外勢がCEO解任案提出

経済・ビジネス

住宅設備大手のLIXILグループは25日、5月後半をめどに臨時株主総会を開くと発表した。同社は株主である海外機関投資家4社などから、創業家出身の潮田洋一郎会長兼最高経営責任者(CEO)らの取締役解任議案を諮るため、総会を開くよう求められていた。

LIXILは同日の取締役会で、臨時株主総会で議決権を行使できる株主を確定する「基準日」を4月15日にすることを決めた。総会の具体的な開催日や議案などは今後詰める。

総会には、潮田氏と山梨広一最高執行責任者(COO)の2人の取締役解任議案が諮られる見通し。出席株主の過半数が賛成すれば了承される。同社の昨年3月末時点の株主構成は外国法人が4割、金融機関が3割を占める。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般