両陛下、神武天皇陵を参拝=退位を報告-奈良

社会

天皇、皇后両陛下は26日、奈良県橿原市の神武天皇陵を参拝し、4月30日に天皇陛下が退位することを報告された。

参拝は、「親謁の儀」と呼ばれる退位に関する儀式の一つ。両陛下の同陵への参拝は2016年以来で、即位後4回目。

モーニングを着て、シルクハットを手にした天皇陛下は、砂利が敷き詰められた参道をゆっくりと進み、玉串をささげて深く拝礼。陛下に続き、グレーの参拝服姿の皇后さまも拝礼した。

退位関連の儀式は、3月12日に天皇陛下が皇居内の宮中三殿に退位やその期日を報告する「奉告の儀」でスタートし、同月15日には陛下の使者が伊勢神宮(三重県伊勢市)と神武天皇陵、昭和天皇はじめ前四代の天皇陵に報告し、供え物をささげる「奉幣の儀」が行われた。

両陛下は今後、4月18日に伊勢神宮、同月23日に昭和天皇の武蔵野陵(東京都八王子市)にも参拝し、退位することを報告する。

神武天皇陵参拝のため奈良県橿原市に到着された天皇、皇后両陛下=26日午前、同市神武天皇陵参拝のため奈良県橿原市に到着された天皇、皇后両陛下=26日午前、同市

神武天皇陵に到着された天皇、皇后両陛下=26日午前、奈良県橿原市(代表撮影)神武天皇陵に到着された天皇、皇后両陛下=26日午前、奈良県橿原市(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室