人手不足改善へ行動計画=コンビニ4社に要請-経産省

経済・ビジネス 政治・外交

経済産業省は26日、コンビニエンスストア業界で加盟店オーナーの満足度低下や人手不足が深刻な問題になっているとして、大手4社に改善に向けた「行動計画」の策定を求めると発表した。世耕弘成経産相が4月初旬にも最大手セブン-イレブン・ジャパンなど4社のトップと面談し、同月末までの策定を要請。無人レジの導入拡大などが焦点となる。

経産省は26日、コンビニのオーナーを対象としたアンケート調査の結果を公表。4年前の前回調査と比べて「従業員が不足」との回答が3倍近くに膨らんだほか、24時間営業を原則としたフランチャイズ契約への不満などが増加した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 雇用・賃金・福利厚生 労働・雇用行政 経営一般