京大教授が論文不正=熊本地震の図を改ざん-撤回を勧告、処分へ

社会 暮らし

京都大は26日、理学研究科の林愛明教授が2016年10月に米科学誌サイエンスに発表した熊本地震に関する論文1本の図に不正があったと認定し、論文の撤回を勧告したと発表した。四つの図に改ざんや盗用があったといい、京大は林教授を処分する方針。

論文は、16年4月の熊本地震「本震」で、九州東部の断層が破壊されるのを阿蘇山のマグマだまりが防いだとの内容。17年8月になって、不正の疑いがあるとの通報が京大にあり、外部委員を含む調査委員会を設置し調べていた。

調査結果によると、東京大教授らの論文から地下の状況を表す図を引用したが、上下を反転させ、震源位置を間違って示していた。また、阿蘇山周辺の地図が東西方向に引き伸ばされていたほか、防災科学技術研究所による地下断面図を不正確に引用していた。

林教授は調査委員会に対し「結論は間違っていない」と主張し、「ケアレスミスだ」「作図ソフトに習熟していなかった」などと答え、意図的な不正を否定したという。

京都大の林愛明教授による論文不正について発表する湊長博副学長(中央)ら=26日午後、京都市左京区京都大の林愛明教授による論文不正について発表する湊長博副学長(中央)ら=26日午後、京都市左京区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 教育 暮らし