パソナ、70歳の新入社員も=シニア人材入社式

経済・ビジネス

人材派遣大手のパソナグループは27日、正社員として採用したシニア人材の入社式を東京都千代田区の本社で開催した。他社を定年退職した人らで、出席した65人の年齢は50代から最年長は70歳。ベテランの経験を生かし、第二の人生を新入社員として踏み出した。

南部靖之グループ代表(67)は「50代で分からなかったことが60代で判断できるようになる」と述べ、シニア雇用の意義を強調した。

同社はシニア正社員を80人採用。うち50人程度は営業や財務などこれまでの経験を生かした業務に従事する。20人程度は兵庫県淡路島や京都府京丹後市などで同社の観光施設運営に当たる。残りはコンサルタントの支援を受けながら起業を目指す。

パソナグループのシニア新入社員の入社式で、南部靖之グループ代表(奥右端)から辞令を受け取る社員=27日午後、東京都千代田区パソナグループのシニア新入社員の入社式で、南部靖之グループ代表(奥右端)から辞令を受け取る社員=27日午後、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 雇用・賃金・福利厚生 東京都