平成表す漢字、首位は「災」=困難多い時代反映-住友生命調査

社会

住友生命保険が実施した「平成」を表す漢字一文字を問うアンケート調査で、21%の人が「災」と答え、2位の「変」(7.1%)に大差を付け首位となった。8年前の東日本大震災や24年前に起きた地下鉄サリン事件など自然災害や事件の記憶が色濃く残り、平成は人々にとって、困難の多い時代と映ったようだ。

2位の「変」では、携帯電話の普及やIT技術の進歩、消費税導入など生活面が大きく変化したとの見方が多かった。

3位は「乱」で、バブル崩壊やリーマン・ショックのような経済的混乱が理由に挙げられた。5位以下にも「激」「難」「苦」「震」とネガティブな印象の漢字が続いた。

一方、4位に元号にも含まれる「平」、9位に「和」がランクイン。日本が平成時代に戦争をしなかったことを反映したとみられるが、全体を通じてプラスのイメージの漢字は少数だった。

調査は2月上旬にインターネットを通じて実施。20~60代の男女1000人を対象に自由記入方式で行われた。

◇「平成」を表す漢字ランキング

順位 漢字 得票率(%)

1  災  21.0

2  変   7.1

3  乱   6.9

4  平   5.2

5  激   2.9

6  難   2.8

7  苦   2.2

震    同

9  動   1.9

和    同。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般