築地再開発方針を決定=食文化追加、市場再整備せず-東京都

政治・外交

東京都は29日午前、都庁内で関係局長会議を開き、昨秋閉場した築地市場跡地(中央区)の再開発方針を決定した。国際会議場の整備を柱とした1月の素案の主な内容を踏襲しつつ、「食文化など歴史的、文化的ストックを十分に生かす」として「食」の要素を追加した。一方で卸売市場の再整備はしない方針を明記した。

小池百合子知事は会議後記者団に、「食文化も含めて地域のポテンシャルを生かした開発にしていく方向性を明確にした」と説明。「大きな一歩につながった」と述べた。

都は2020年東京五輪・パラリンピック以降、段階的に再開発に着手する。今後は、23ヘクタールに及ぶ広大な跡地をいかに有効活用できるかが大きな課題となる。

築地市場(東京都中央区)跡地の再開発方針決定後、記者団の質問に答える小池百合子都知事=29日午前、新宿区築地市場(東京都中央区)跡地の再開発方針決定後、記者団の質問に答える小池百合子都知事=29日午前、新宿区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 建設・国土政策 公共事業 東京都