国内最古、25億年前の岩=島根・津和野町で発見-広島大

社会

国内最古となる約25億年前の岩が島根県津和野町で見つかったと、広島大大学院理学研究科の早坂康隆准教授(地質学)らの研究グループが29日までに発表した。早坂准教授は「日本列島の形成過程をひもとく貴重な資料」と話している。

発見されたのは、地殻の中に入り込んだマグマが冷えて固まった後、さらに熱で変成した「花こう片麻岩」。2017年に同町部栄地区の林道脇などで岩の一部を採取し、ウランや鉛の成分比率から年代を測定した。

日本列島がアジア大陸の一部だった時代に、断層活動によって500キロずれ動いた結果、現在の位置に達したことを示すという。これまでは、同県・隠岐島で見つかった18億5000万年前の岩が最古とされてきた。

島根県津和野町で発見された、日本最古となる約25億年前の岩(広島大提供)島根県津和野町で発見された、日本最古となる約25億年前の岩(広島大提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 環境・生物・自然