ローソン、深夜に無人営業実験=人手不足対策、7月から2店で

経済・ビジネス

ローソンは29日、人手不足対策の一環として、深夜時間帯に営業を無人化する実験を行うと発表した。7月ごろから数カ月間、加盟店を含む2店で実施し、課題などを洗い出す。当面は店員1人が店裏のバックヤードで勤務するが、状況を見ながら完全な無人化を図る。

コンビニ業界では深夜を中心に人手不足が深刻で、各社は省人化の取り組みを急いでいる。経済産業省も大手4社に対し、人手不足対策などをまとめた「行動計画」の提出を求める方針で、こうした動きは一段と活発化しそうだ。

ローソンの深夜無人営業の実験店で、客が会計時に利用できるスマートフォン決済サービス「ローソンスマホレジ」(同社提供)ローソンの深夜無人営業の実験店で、客が会計時に利用できるスマートフォン決済サービス「ローソンスマホレジ」(同社提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 雇用・賃金・福利厚生