北尾光司さん死去=大相撲の元横綱双羽黒、55歳

社会 スポーツ

大相撲の元横綱双羽黒でプロレスのリングにも上がった北尾光司(きたお・こうじ)さんが慢性腎不全のため、2月10日に亡くなっていたことが29日、分かった。55歳だった。葬儀は本人の希望で家族葬で済ませた。

津市出身。中学卒業時の1979年春場所、立浪部屋から初土俵を踏んだ。84年秋場所新入幕。85年九州場所後に大関へ昇進し、86年名古屋場所後、幕内優勝の実績がないまま22歳で横綱に昇進した。

優勝経験のない横綱は異例で、時期尚早論もあったが、ずばぬけた素質を買われ、昇進が決定。本名の北尾から双羽黒に改名した。当時の春日野理事長(元横綱栃錦)の提案で、立浪部屋が生んだ名横綱、双葉山と羽黒山から取ったしこ名だった。

199センチ、151キロ。突っ張りや右四つからの投げなどスケールの大きな相撲で期待されたが、87年暮れに折り合いの悪かった師匠の立浪親方(元関脇安念山)、おかみさんとトラブルになり、部屋を飛び出すなどの騒動を起こして廃業。横綱在位は実質8場所で、優勝しないまま角界を去った。通算348勝184敗24休、殊勲賞5回、技能賞2回。

廃業後は「スポーツ冒険家」を名乗った後、プロレスなどの格闘技などで活動。立浪部屋のアドバイザーになった時期もある。

北尾光司さん 元横綱双羽黒北尾光司さん 元横綱双羽黒

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 訃報 相撲 スポーツ