平成最後の桜楽しむ=乾通りの公開始まる-皇居

社会

皇居・乾通りの春の一般公開が30日、始まった。天皇陛下の傘寿(80歳)を記念して2014年から行われ、今回が平成最後となる。開門時から大勢の人が皇居を訪れ、見頃を迎えた桜を楽しんだ。

乾通りは坂下門から宮内庁庁舎前を通り、乾門に抜ける約750メートルの並木道で、31品種103本の桜が楽しめる。一般公開は桜と紅葉の季節に実施。入場者から好評のため、宮内庁は新元号になっても続ける方向で検討する。

皇居では、約1カ月後に退位を控えた天皇陛下と皇后さまへの感謝の声が相次いだ。福岡県筑紫野市の松本京子さん(64)は娘と一緒に訪問。「初めて来て感動している。両陛下には、国民のために十分お務めをしていただき、お疲れさまでしたと伝えたい」と話した。

一般公開は4月7日まで。午前9時~午後3時半に坂下門から入場できる。問い合わせは宮内庁のテレホンサービス03(3211)1475まで。

平成最後の乾通り一般公開を楽しむ人たち=30日午前、東京・皇居平成最後の乾通り一般公開を楽しむ人たち=30日午前、東京・皇居

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室