新元号、自動で更新=個人向け対策公表-日本マイクロソフト

経済・ビジネス

日本マイクロソフト(東京)は2日、5月1日の改元に向け、同社の基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」と総合ビジネスソフト「オフィス」を利用する個人利用者向けの対策を発表した。自動更新機能を有効にしている場合は、新元号に応じた更新プログラムが自動的にインストールされるため、特別な操作をする必要はないという。

自動更新を有効にしていない場合や、手動で対応したい場合は、同社ホームページ上に設けられた特別サイトで方法を確認できる。大型連休期間中も新元号に関する技術的な質問に応じるため、4月30日、5月1、2日の3日間は相談窓口を開設する。

同社は4月1日の新元号発表後、「令和」を元号としてシステムに追加する作業に着手。今後、段階的に更新プログラムを提供していく。

大型連休中の相談窓口の対応時間は午前10時~午後6時。問い合わせ先は0120-54-2244。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 消費者対策 東京都